自由が丘熊野神社は福徳開運、縁結安産、厄除守護、交通安全にご利益があるといわれます。
商業地と住宅地が同居する自由が丘、駅周辺の喧噪から離れ、ちょうど両者の境目ほどに位置しており、地域住民が参拝に訪れます。
普段は静かな熊野神社も、お正月は地域住民の初詣客でいっぱいに、また9月には熊野神社例大祭が催され五穀豊穣を祈願し多くの人でにぎわいます。
自由が丘では女神まつり以外にも自由が丘桜まつり(4月)、自由が丘スイーツフェスタ(5月)、マリクレールフェスティバル(5月)とイベントが目白押しですが、お好み焼きやヨーヨー釣り、わたあめなど昔ながらのおまつりを味わえるのは熊野神社例大祭だけです。
並びにあるセントクリストファーガーデンでは熊野神社にあやかり、かわいい熊の形をした「くまのジンジャー」ビスケットを販売しています。

 

シェフズマルシェも開催、グルメ必訪エリア

自由が丘マルシェは熊野神社前から、雑貨店ホッチポッチまでの細い通り沿いで催されます。
立ち並ぶ様々な露店に目をやると、そこにはコック帽をかぶったシェフが本格的なフランス料理を供しています。
熊野神社前では、毎月第三、第四日曜日に近所で評判のフレンチのシェフが集い「シェフズマルシェ」を開催しており、女神まつりでもシェフズマルシェがオープンします。
プティ・マルシェシェ・ソーマラ・フィーユフランネルスーヴニールと、自由が丘界隈のフレンチの名店が参加、特別な日のために腕を競います。
メニューの一部をご紹介すると、「リエット」「オードブル」「クスクス」、ついついワインを飲み過ぎてしまいそう。
2012年は女神まつり開催直前の「出没!アド街ック天国」(テレビ東京)で紹介され話題になりました。

 

特別栽培、ホイップるん米を販売

自由が丘のゆるキャラ、ホイップるん。女神まつり中は各エリアのステージにひっぱりだこです。
ホイップるんとお米がコラボレーションしてできたのがホイップるん米。
宮城県登米市で栽培されるひとめぼれ、メダカも生息する田んぼで特別栽培されました。
販売は、産業能率大学の学生が担当。
産学連携で自由が丘の街を盛り上げます。
ホイップるん米以外にも産直野菜やハーブティーなどが購入可能、食にこだわる方はぜひ訪れていただきたいエリアです。

2012 女神まつり ホイップるん米

 

2012 自由が丘マルシェ会場

自由が丘駅正面口を出て、自由が丘デパート沿いに直進。最初の十字路を超え二本目を左折