自由が丘 女神まつりガイドは、地元住民を中心に作る非公式の女神まつりに特化した情報サイトです。
女神まつりに関する情報を収集しまとめ、掲載していきます。

 

よそゆきと自然体のクロスオーバー

わたしが自由が丘によく足を運ぶようになったのは今から約10年前、2004年前後のことです。
その頃、学園通り沿いにあった丸井は閉店、熊野神社前にあった映画館は閉館し、スイーツフォレストがオープンした、街の変化が感じられた、そんな記憶があります。

なぜ自由が丘に行くようになったかといえば、当時つきあっていた彼女が自由が丘に住んでいたからで、週末は自由が丘で過ごすことが多くなっていったのでした。

一方のわたしの住まいは、武蔵小山。
武蔵小山は東急目黒線で目黒駅から2つ目に位置する住宅街、街のシンボルである「パルム」というアーケード商店街に代表されるように、下町情緒にあふれる庶民的で暮らしやすい街です。

自由が丘と武蔵小山は距離にして約4km、そう遠くない、むしろ自転車でも行けるくらいの距離なので近いわけですが、そのコントラストたるや、同じ目黒区にあるこの2つの街を往復するたびに両者のカラーといいますか街の印象のあまりの違いを感じます。

自由が丘駅を降りてすぐ目に付くのはダロワイヨ、調べれば日本1号店とあります。
少し歩けば突然の川に突然の鴨、そこはもうイタリアンなLaVita、レンガ作りの建物、日本離れした外観です。
立ち並ぶおしゃれな店構えの数々、居心地の良さそうなカフェ、街全体からただならぬおしゃれなにおいが漂っています。
前評判通り、女性が憧れる街とはこういうことなのかと実感。

そして、なにより驚いたのが「女神まつり」を訪れた時のこと。
呑川緑道沿いに陣取る人々の手元にはワインとチーズ。ワインとチーズです、さりげなくワインとチーズ。それどころか「コンフィ」みたいな文字も屋台に書かれています。コンフィとはなんぞ。東京の下町出身のわたしは戸惑います。「祭りといえば粉もんじゃないのか、お好み・たこ焼き、そしてじゃがバターではないのか」と。
おはやしをBGMにたこ焼きビールが下町トラディショナルとすれば、女神まつりは完全にそんな固定観念を打ち破る、シャンソンBGMにワインとチーズ、ということになります。
もちろんビールもたこ焼きも売ってはいますがどこか脇役、自由が丘に来たんだからワインでも飲もうよ、が自然です。

いい感じにワインが入った所で、駅前メインステージでのライブ。グルーヴ感溢れるステージで超ヨコノリ、ワインもチーズもコンフィもシェイクされ気分は最高となります。
※ちなみに2004年のライブはDANCEMAN、「よくある名字斉藤」で会場は一体化、地響きするぐらい盛り上がってました
あたりを見渡すと、われを忘れてライブに没頭する人たち。中には地元の方も多くいます。
明日は平日、でもそんなのお構いなしで、老若男女問わず陽気に振る舞う人々。
なんとなく、自由が丘に住む人って鼻にかかる感じがするというか、高飛車とういか、そんな勝手なイメージがあったんですが、そこにいたのは飾り気なく祭りを楽しむ人々でした。

自由が丘にはテレビや雑誌で見る「よそゆきの自由が丘」と、そこに暮らす“中の人”が醸す「自然体の自由が丘」がある、女神まつりを通じてそんなことを知ったような気がしました。

それから、愛していた武蔵小山を離れ、自由が丘の住民となりました。
「よそゆきと自然体」この二面がクロスオーバーする時間や空間がなんとも不思議で心地よい、自由が丘はそんな街です。

 

女神まつりを楽しんでもらうためにできること

「女神まつり」を通じて一人でも多くの方に自由が丘を知ってもらいたい、自由が丘を知ってもらうには「女神まつり」がいい、そう考え自由が丘 女神まつりガイドはスタートしました。
なぜか。それは女神まつりが、自由が丘に住む人々が、お店が、商店会が、総出で盛り上げ楽しむイベントだから、自由が丘の「本気」を体感できる機会だからです。

女神まつりは、お祭りやイベントが豊富な自由が丘にあって、毎年約50万人近くが訪れる最大のイベントです。
しかしまだ、女神まつりの存在はまだまだ周囲の人々に知られていないんですね。
また、女神まつりの情報は開催の約1ヶ月前に特定のwebサイトで告知されるにとどまります。
2012年は「出没!アド街ック天国」に紹介されたこともあり、過去最高の来場者数を記録しました。
一方で、その大混雑により女神まつりを満喫することなく、早々に帰宅した来場者も少なくありません。
お子さん連れのお母さんはベビーカーを押すのも一苦労だったと思います。
訪れる人にとって、もっと事前情報が充実していれば、時間を有効に使い楽しむことができると考えます。

自由が丘 女神まつりガイドが一人でも多くの方にお役立ていただければと思います。
自由が丘で女神まつりを満喫しましょう。

自由が丘女神まつりガイド 運営委員会