2012 女神まつり 駅前メインステージ

あこがれの街、自由が丘

自由が丘は東京の南西に位置する、目黒区内で有数の商業地です。
不動産系企業のリサーチでは、「住みたい街ランキング」のベスト3に名前を連ねる常連でもあります。
グルメ、スイーツ、インテリア雑貨、ファッションなどお店の数々や、LaVitaや緑道などの美しい街並みがあり、圧倒的に女性に支持を得ている街です。
近年では海外からの旅行客も増えており、主に中国、韓国から観光に訪れています。

 

女神まつりは50万人を動員する地域最大イベント

その自由が丘で行われる最大のイベントが秋に開催される街フェス、自由が丘女神まつりです。
1973年に始まった女神まつりは、2012年で実に40回目の開催。
毎年10月の3連休の後半2日間に開催され、期間中の来場者数は延べ50万人にものぼると言われ、年々来場者数は増加しています。
自由が丘駅を中心に半径300mのエリアで、ステージ、フード、ショッピングと楽しめる催し物が満載です。
メインステージでは、毎年有名アーティストが野外ライブを敢行、クライマックスを迎えます。
2012年は開催直前に「出没!アド街ック天国」(テレビ東京)に取り上げられ、例年よりさらに来場者が増えました。

 

自由が丘周辺の各商店会が一致団結

この大掛かりな街フェスは、自由が丘の各商店会の協力により実現します。
自由が丘商店街振興組合、自由が丘女神まつり実行委員会を中心に、自由が丘銀座会、自由が丘中央会、自由が丘一丁目睦会、自由が丘ひかり街協同組合、自由が丘デパート会、自由が丘旭会、自由が丘南口商店会、自由が丘しらかばどおり会、自由が丘広小路会、自由が丘駅前中央会など、自由が丘の複数の商店会が協力して作り上げます。
また、各商店も女神まつりにあわせてセールや特別な催しを行います。
さらに、自由が丘にある産業能率大学や自由が丘学園の学生も運営に協力。
文字通り街全体で盛り上げるおまつりです